人々が守り、残し伝える、日本一の棚田景観
丸山千枚田

 
日本の棚田百選に選ばれた「丸山千枚田」は、1,340枚の規模を誇る日本有数の棚田であり、その棚田景観は日本一とも称されています。約400年前には2,240枚の田畑があったという記録が残されていますが、平成初期には後継者不足により530枚にまで減少していました。平成6年に「丸山千枚田条例」の制定、そして地元住民らの協力により復田作業が行われ、現在は1,340枚の規模が維持保存されています。
 復田された田を利用して、丸山千枚田オーナー制度が実施されており、毎年100組を超えるオーナーが登録しています。年間を通して稲作体験が行われ、都市住民との交流と棚田保全活動が行われます。

<おすすめ情報>
 【棚田オーナー制度】・・会費:年間30,000円(1年更新) (財)紀和町ふるさと公社 0597(97)-0640
 【丸山千枚田の虫おくり】・・棚田に1,340本の松明を灯し、その中を練り歩く幻想的な伝統行事。毎年7月初旬に開催されます。








 住所:熊野市紀和町丸山
 JR熊野市駅から車で国道42号を有馬町から国道311号紀和方面へ〜県道40号へ 約30分




駐車場 : 5台 無料

お手洗い : 有